PARCO50年目の、新しいパルコ

新生渋谷PARCO 建て替え工事中 2018年8月撮影

50th Anniversary

50年目の、新しいパルコ。 50年目の、新しいパルコ。

50周年を迎える今年のパルコは、
錦糸町、沖縄・浦添、そして新生渋谷など、
新たなプロジェクトが目白押し。
「インキュベーション」「街づくり」「情報発信」、
パルコが掲げる三つの社会的役割を、
さらに強く果たす、まさに「原点進化」。
オール・パルコで盛り上げて行く2019年、
50年目の私たちに、どうぞご期待ください。

社長メッセージ

50周年を迎えるにあたって

池袋PARCOが開業した1969年から数えてちょうど50年目の本年、私たちパルコは、大きな変化のときを迎えています。
錦糸町駅前物件、サンエー浦添西海岸 PARCO CITY、川崎ZERO GATE(仮称)、新生渋谷PARCOと4つの大きなプロジェクトが進行し、春から秋にかけて次々と新しいビルが誕生していきます。その中で、とりわけ新生渋谷PARCOの再開は私たちにとって大きな意味を持つでしょう。

私は、2011年に現職に就任して以来、「インキュベーション」「街づくり」「情報発信」に向かう姿勢こそがパルコのDNAだと捉え、「原点進化」という言葉を掲げ、時代に即したパルコのあり方を模索してきました。パルコの原点が形成されたのはいつか。50年を振り返ると、渋谷PARCO・パート3がオープンした1981年がパルコのDNAを決定づけた年なのだと感じています。テナントの皆さんと一緒に成長し、たくさんの若いアーティスト・クリエイターを街に集め、渋谷の街づくりの一端を担った渋谷PARCOが、おそらく日本で初めてライフスタイルの提案を行う3つ目の館をつくった。広告として情報を発信するだけでなく、館のあり方が皆さまへのひとつの提案になっているという形が、今まで続くパルコの原点になったと思っています。

本年秋、パルコの原点とも言うべき渋谷PARCOが新たに生まれ変わろうとしています。皆さまの期待を超えるまったく新しい渋谷PARCOをつくるには、パルコそのものが生まれ変わることが必要であると強く感じています。パルコのDNAを、50年目から先の未来に照準を合わせて、さらに進化させることが求められています。
「インキュベーション」では、改めて「個」の才能に着目します。エンタテインメントや広告の分野で新しい才能を発掘・抜擢してきたパルコですが、ファッションの楽しさを復権させるために、均質化されていないショッピング空間を取り戻したいと考えています。「個」の力で戦っているファッションデザイナー・プロデューサーをサポートしながら、その才能をパルコで発揮してもらい、それ自体をパルコの力としていく。このような形もそのひとつでしょう。
「街づくり」と「情報発信」の観点においては、インターネットのバーチャル空間を忘れてはならない時代になりました。かつて渋谷PARCOが、街に刺激を与え、同時に刺激をもらいながら渋谷を盛り上げたように、バーチャルな世界においても相互にコミュニケーションを図りながら、何かパルコらしい「空気」のようなものを根づかせていきたい。私たちの情報を一方的に流すのではなく、街や都市のトピックやユーザーの皆さまからの声、時には他企業の面白い試みと協業することで、パルコ単体ではなく周囲の力も借りながら、よりよい価値を皆さまに届けることができると考えています。リアルでもバーチャルでも、まずはPARCOの周りに来てもらい、帰りにPARCOに寄ってもらう。思い出とショッピングが紐づいて記憶されていく。そんなこともショッピングの本質的な楽しさのひとつかもしれないと感じています。

2019年、パルコは自分たちのDNAを塗り替えようと思います。
たくさんの期待に応えながら、それを裏切り、超えていくことで、新しいパルコに生まれ変わります。どうぞご期待ください。

2019年元旦

株式会社パルコ 代表執行役社長
牧山浩三

広告

  • クリエイティブディレクター
    箭内道彦(風とロック)
  • アートディレクター
    小杉幸一(博報堂)
  • 写真
    東北新社
  • 撮影協力
    造園会館ビル

※2018年8月撮影の、新生渋谷PARCO建て替え工事中写真を使用

動画

Short Ver.

Long Ver.

  • 監督
    箭内道彦(風とロック)
  • 撮影・編集
    小川謙治・五十嵐真
  • 音楽
    50'Youth(リンダ&マーヤ/作詞・作曲:小山雅史)
  • 企画制作
    風とロック・パルコ
リンダ&マーヤ
兵庫県西宮市出身
2016年2月後半 N'夙川BOYSの活動休止後 vo.g.drリンダダダ vo.g.dr マーヤLove により結成!
2016年夏ごろからリンダ&マーヤとしてオリジナル楽曲をハイペースで作曲し活動開始
2017年12/28 ファーストミニアルバム【Life Is Action!】をリリース!
当初は二人でリズムBOXのボタンを押しGUITARをかき鳴らしてライブをしていたが機械の取扱に限界を感じ…2017年春より DMBQ、巨人ゆえにでかい等で活動している 和田シンジがスーパーサポートドラムとして参加している!
現在はベースレスの3ピース形態でのロックンロールバンドである

予定の合間を擦り合わせ国内外へライブ活動を展開中!
2017年コヤブソニック 2018年ライジングサン等のフェスに出演
2017年冬頃 台湾に初海外ツアーへ
2018年秋頃にはオーストラリア、メルボルンへ無理やりショートツアーを敢行!

2019年パルコの開発計画

  • Tokyo Sumida
    錦糸町PARCO

    3/16(sat) OPEN !

  • Okinawa Urasoe
    サンエー浦添西海岸
    PARCO CITY

    6/27(thu) OPEN !

  • Kanagawa Kawasaki
    川崎ZERO GATE(仮称)

    2019年初開業予定

  • Tokyo Shibuya
    新生渋谷PARCO

    2019年開業予定